紫外線対策を怠らない

ここでは、美白肌を育てるためにやるべき4つのうちの、最初のひとつについてお話しします。

美白肌を守るための紫外線対策

美白肌を保つために紫外線対策が重要だということは、皆さん、ご存知だと思います。

紫外線対策といえば、帽子や日傘で直射日光を避ける、日焼け止めを塗るなどの対策がありますね。

紫外線は太陽から降り注いでいますので、もちろん、上からの紫外線をシャットアウトすることは重要です。
しかし、紫外線は、地面などにぶつかると、それが四方八方に反射するので、横から下からの紫外線にも対処しなければなりません。

さらに、目の角膜で感じた紫外線により、脳がメラニンの生成を促してしまうという事実も判明しています。
目自体が日焼けすると白内障などの目の病気を引き起こす可能性もあります。
つまり、目を守ることも重要というわけです。

これらのことを踏まえ、紫外線対策は、帽子や日傘で直射日光を避けつつ、UV効果のあるサングラスやメガネをかける。そして、やはり日焼け止めを塗って反射・輻射の紫外線にも対抗する、というトリプルの対策が必要です。

紫外線対策アイテムはUVカット率を重視

では、紫外線を対策するアイテムはどのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

帽子や日傘、メガネは、必ず、UVカット率を確認し、カット率の高いものを選ぶようにしましょう。色が濃いものがより紫外線を防ぐ、というわけではありませんので、注意が必要です。

特に、色の濃いサングラスの場合、視界が暗くなることで瞳孔が開いてしまいます。
瞳孔が開くことで、逆に目を傷つけやすくなってしまうので注意しましょう。

現在は、透明な色のメガネでもUVカット効果のあるものがたくさん出ています。
できるだけ、薄い色でUVカット率の高いものを選ぶことをオススメします。

日焼け止めについては、UVカットの効果が明確に表示されています。
その条件を守り、必要があればこまめに日焼け止めを塗り直すなどの対策が必要です。

このとき、注意したいのが、日焼け止めをしっかり落とすことです。
日焼け止めを塗ることにばかり注目しがちですが、日焼け止めは紫外線から肌を守るという性質上、強力な成分が入っています。
つけた日焼け止めはしっかりと落とさなければ、逆に肌トラブルの原因にもなるので十分注意しましょう。

日焼け止めを落とそうと、肌をゴシゴシ擦るのもNGです。
優しく、でも確実に落とすことを心がけましょう。

美白洗顔料ランキングはこちら
pagetop

美白の秘訣は洗顔にあり