シミのない肌

ここでは、美白肌の4つの条件のひとつ目「シミのない肌」について、お話しします。

活性酸素を除去してシミのない美白肌へ

シミのない肌は美白肌と呼ばれる条件のひとつ。では、シミは何が原因でできるのでしょう?

肌のシミができる原因、ひとつは日焼け。

紫外線の刺激によりメラニンが生成されますが、通常であれば、新陳代謝により1ヶ月程度でそのメラニンは排出される仕組みになっています。

しかし、紫外線を浴び続けたり、肌のサイクルが乱れることにより、メラニンの生成が増えてしまい、上手く排出されずに肌に溜まっていってしまいます。その溜まったメラニンがシミとなって肌の表面に表れてくるのです。

そしてもう一つ、活性酸素もシミの原因となります。活性酸素とは、一言でいうとあらゆる「老化」の原因です。

もともと誰でも活性酸素をもっており、人体に必要なものではあるんです。ただ、上記のメラニンともかかわってきますが、紫外線やストレス、喫煙、飲酒などによって体内で増えすぎてしまうと、老化を引き起こしてしまうのです。

そこで効果的なのが「抗酸化作用」のあるビタミン群。他にも、カテキンやリコピン、コエンザイムQ10など、抗酸化作用のある成分が入った化粧品を選ぶといいと思います。

シミにアプローチする洗顔料

では、シミのない肌を目指すために、どのような洗顔料を使えばいいのでしょうか?シミケアに優れた洗顔料をいくつか紹介します。

毛穴の汚れを落とす洗顔料 プレミアムノニSOAP

奇跡のフルーツ、「ノニ」エキスを使った石鹸。ノニに含まれるビタミンは、肌の老化を防ぐ「抗酸化作用」が高く、メラニンの生成をおさえ、シミのできにくい明るい肌へと導きます。

毛穴の汚れを落とす洗顔料 二十年ほいっぷ

名前のとおり、ホイップクリームのような濃密泡が特徴の洗顔料。肌の汚れをくまなく取りのぞき、洗い上がりはワントーン明るい素肌になるというすぐれもの。

そのおかげで、気になっていたシミも目立たなく感じ、きちんと使い続けることでだんだんと薄くなるそうです。

毛穴の汚れを落とす洗顔料 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

2種類の泥と豆乳を使ったクリーム状の石けん。沖縄のマリンシルトという粒子の細かい泥が毛穴の奥まで入り込み、汚れを吸着して取り除きます。

もう一つ、火山灰からなる地層の泥は、角栓の汚れを取り除くのが特徴で、汚れを取り除いた後の毛穴をきゅっと引き締めます。毛穴がキレイになることにより、シミができにくくなります。

美白洗顔料ランキングはこちら
pagetop

美白の秘訣は洗顔にあり